スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

向き合わなくちゃ・・・【長文】

どうもでぇ~す!!


今日のテーマは『向き合わなくちゃ・・・』です。

お友達のみなさんはこの題名を目にした時にきっと同じことを思ったと思います。
本来であればここには記事にはしたくはなかったんですが、これからの事も考えあえて書きたいと思います。

実はみなさんの推測通り大事にしていた『クイーン』は亡くなってしまいました・・・
実質、飼育期間は1週間弱。。購入して4日ごろには白点が出始め、オキシドール添加で治療を試みるも
白点は更に悪化し最終的には縦泳ぎ・・・そして・・・(><)
しかも1か月飼育してきたウズマキも同じ症状で・・・(><)

この1週間は私にとって非常にアクア熱が落ちてしまった最悪の7日間となりました。

今水槽にいるのは、ポッター、フレーム、ホンソメ、ミズマタ、ブラックオセラリス×4、スカンク×2
の状況。サンゴは今までにないくらいに調子がいいのに魚だけが落ちていく・・・

自分なりに色々調べていきついた結果は・・・
まだ生体を入れるには早すぎたのではないか・・・と言うこと。

今まで海水魚飼育を3年近く行ってきたので、自信もあったのですが、それは過信でもありました。。
試験薬(ペーパー試験薬ですが・・・)等で状況は把握していたつもりでしたが、上っ面だけだったのかもしれません。。

ただそこはB型!!!!
立ち止まっている訳にはいきません!!!悲しいけど前向きに!!!

一度、今の生態を維持しながらも完全な立ち上げを目指してここで方向を転換したいと思います!!
そこで今、所持している設備の見直しや自分が行っているメンテナンスが正しいのがどうか?
アドバイスがあれば頂きたいと考えています。

下記に私の飼育状況や考えている方針を書きたいと思いますので、思い当たる節があれば『ご指摘』&『アドバイス』をじゃんじゃんお願いいたします!!(たくさんありそうですが・・・爆汗)

□飼育データ□
・60×45×45のOF水槽で飼育(濾過槽は3層式でウール・ドライ・ウエット層と分けている)
・飼育温度は24度に設定
・PHは『フクロウ』でモニター管理 換水時はPH8.0でだんだん水の劣化と共に下降(PH7.5程度までダウン)→これで換水実施
・ポンプ(水流)2台で間欠運転
・換水は基本2週間に1回で約50L(コーラルソルトプロを使用)

<<換水方法>>
・乾燥による水位の減少は足し水として『アルカリイオン水:PH7.6』を使用足し水は2日に約1.5ℓ使用
・換水の方法は『濾過槽内の飼育水を全抜き』して足りない分は水槽本体より抜いています
 (上記の時は生体は入れっぱなしで濾過槽には水がない状態で濾材だけが入っている状況)
・その後ウールマットを新しいものに交換して『濾過槽』に新しい水を投入
 ※新しい水は前日から作り(ポンプ撹拌&エアレーション&ヒーター使用)
・水槽ガラス面はウールにてコケ&汚れ除去
・基本底砂はいじらない

<<今後考えていること>>
□設備の見直し
・プロスキの設置→海道達磨購入済(明日設置予定)
・サイクロン殺菌筒設置→水槽内(白点予防の為)明日設置
・殺菌灯の設置→現在上物探し中
・クーラーの設置→現在上物探し中

□換水方法の見直し
・換水時は濾材・ライブロック・生体を別ケースにて移動(前飼育水を使用)して換水を実施
・この時に底砂も軽く撹拌して汚れを除去
・換水完了後数時間はから回し実施
・換水サイクルの見直し2週間に1回50ℓではなく1週間に1回25ℓの方がいいのか??

□飼育水槽の方針
・病気(特に白点対策)が出ても薬の添加をすることなく、水槽内で自然治癒ができるようにしたい

□お友達のみなさん&アクアリストさんに聞きたいこと
・オーバーフロー水槽の換水方法として一番いいやりかたとは??
・換水の実施期間(現在初期立ち上げから約1か月と2週間が経過している状況)
 2週に1回50ℓ?それとも1週に1回25ℓ?
・設備について適正かどうか?

なんだか長文&取り止めのない文章になってしまいすいませんm(--)m

ただこのブログをUPすることで自分自身もここで飛躍したいと考えています。
もちろんお友達ではない方のカキコも大歓迎です!!!(色々アドバイス&意見を聞きたいので・・・)

みなさんの豊富な経験やアドバイスをお待ちしています!!


数か月後・・・
もしかしたら年にも及ぶ内容になるかと思いますが・・・

絶対にまた『クイーン』を泳がせたい!!!!
スポンサーサイト

| 海水魚飼育 | コメント(6)

コメント

クイーン・ウズマキとても残念でしたね(> <)
でもここで一旦立ち止まって、飼育方法を見直すことはとても良いことではないかなぁと思います。

私も同じ経験をしています。
昨年6月にオーバーフロー水槽を立ち上げ、
水槽の状態は順調に推移していましたが、10月に水槽崩壊。
ウズマキや1年近く飼っていたカクレクマノミなど多数☆にしてしまいました。

とてもショックでした。

一番の原因は、水温の低下により白点病が発症したことにあると思いますが、直前に新しい魚を立て続けに追加したことでバクテリアの繁殖が追いつかず水質が悪化し、魚にストレスがかかったのではないかと思います。
やはり立ち上げには時間をかけ、少しづつ魚を追加したほうが良かったのでは、と思いました。

ところでMASAさんの水槽について私見を述べさせていただきます。
飼育暦が短いので聞き流すくらいでお願いしますw

①白点病が発症した直接的な要因は何だったのでしょうか?
→この点をまず考え、対策をすることで同じ要因で発症することを防げるのではないかと考えます。
②換水方法は私も同様です。底砂はやはりさわらないほうが良いと思われます。
水槽システム全体の水量がわからないので、なんともいえないのですが私の水槽では週一回全体の水量の1/4を換水しています。
③換水方法の見直しについてですが、
・換水時は濾材・ライブロック・生体を別ケースにて移動(前飼育水を使用)して換水を実施
→生体にストレスを与えるのではないでしょうか?
・この時に底砂も軽く撹拌して汚れを除去
→白点病の菌が舞ってしまうと思われます
・換水完了後数時間はから回し実施
→1日のから回しでは、菌が舞っていると思われます
→白点病の菌はとりつく生体がいなければ2日間ほどから回しすれば死滅するらしいです(底砂をさわれば、また出てきますが)

僕が思いつくのはこれくらいですw
なにぶん私も経験が浅いので、経験豊富なアクアリスト様のご意見を第一にお聞きくださいww

クイーンまた泳がせたいですね☆

2013年|03月|02日|10:02 |from ぐまたん☆| URL 【編集】

ぐまたん☆さん

こんなブログに返信&アドバイスを頂きまして本当にありがとうございます!

①白点病が発症した直接的な要因は何だったのでしょうか?
→この点をまず考え、対策をすることで同じ要因で発症することを防げるのではないかと考えます。

→そうなんですよね~直接的な原因が未だ???です。。
 たぶんバクテリアが完全に立ち上がっておらず生態追加で追いつかなかったのが原因かと考えています。


②換水方法は私も同様です。底砂はやはりさわらないほうが良いと思われます。
水槽システム全体の水量がわからないので、なんともいえないのですが私の水槽では週一回全体の水量の1/4を換水しています。

→濾過槽と合わせて水量は220ℓ程度と思われます。なので私の場合は1/4で50ℓと考えています。
やはり底砂撹拌は危険ですよね。。

③換水方法の見直しについてですが、
・換水時は濾材・ライブロック・生体を別ケースにて移動(前飼育水を使用)して換水を実施
→生体にストレスを与えるのではないでしょうか?

→やはりそうですよね。。

・この時に底砂も軽く撹拌して汚れを除去
→白点病の菌が舞ってしまうと思われます

→完全除去はできないですもんね(><)

・換水完了後数時間はから回し実施
→1日のから回しでは、菌が舞っていると思われます

→2日間とは驚きでした。

→白点病の菌はとりつく生体がいなければ2日間ほどから回しすれば死滅するらしいです(底砂をさわれば、また出てきますが)

→別ケースで2日間隔離は厳しいですね(><)


とりあえず、底砂はいじくらずに定期的に換水したいと思います。
とりあえずこれでしばらくメンテをしながら様子見ですね!!

2013年|03月|02日|17:03 |from MASA| URL

No title

クイーンとウズマキ残念でした(>_<)本当にショックだったと思います。僕はまだまだ素人ですが一応コメントさせていただきます。
まず水換えのやり方なんですが、今までのやり方で十分だと思われます。うちはもっと適当ですが何とかやってますし、ミドリイシなどのハードコーラル飼育並みのやり方だと思います。
やはり問題は水質かと…立ち上げてからの期間と生体数のアンバランスが今回の1番の原因と考えます。クイーンは特に水質には敏感な方ですので。
白点に関してはもう入れる時に注意していても出る時はでますからね^^; 問題は治療法の確立だと思います。
スキマーも購入されたということなんで、しばらくは我慢してバクテリアの安定に努め、立ち上げから半年もすればクイーンも飼育できると思います。
生意気言いましたが、うちは現在ウズキンが病気なんで説得力がないです(笑)
とにかく今は我慢の時期かと。それをクイーンとウズマキが教えてくれたと思いましょう(*^o^*)
さ、切り替えてヤフオクめぐりですぞwww

2013年|03月|02日|22:38 |from 毒舌パパ| URL

No title

毒舌パパさん

励ましのコメありがとうございますm(_ _)m

やはり私も生態を居れるのが早かったと思っています( ;´Д`)
とりあえず、完全な立ち上げを目指して、それまでは生態の購入は避けたいと思います。

まずは明日、対策品が届くのでそこからまたはじめていきたいと思いますε-(´∀`; )

ヤフオク…既に物色中ですが…なにか?(笑)
((((;゚Д゚)))))))

2013年|03月|02日|23:27 |from MASA| URL

始めまして。

記事を拝見させていただき、不躾承知で私見を書きなぐります。



ご存知かもしれませんが・・・
アルカリイオン整水器の一部機種には、熱帯魚等のペットには使用しないでくださいと注意されているものがあります。
足し水は、お近くのスーパー等からRO水を汲んできたほうが良いかもです。
(アルカリイオン水を否定しているのではありません)

それと、白点って、治療必要でしょうか?
ヒレが白濁している程度なら、放置していたほうが良いかもです。
ダマになるくらい酷いなら、綿棒で拭き取った方が、変な薬浴より速効性が高いかもです。
(個体薬浴しても、どうせ水槽内には白点居るので、再発>薬浴で更に弱らせるだけかもなので)

・換水時に生体撤去は絶対にやめた方が良いです。
・換水は、私なら1週間に25ℓ換水にします。
・機材については、現状生体の維持を前提に、殺菌灯を導入せず、ろ材抜いてスキマーをサンプにいれます。で、水質劣化の具合に合わせて換水頻度と量を検討します。

魚メインでやるなら、スキマー使わず、ベアタンクにします。殺菌灯は、可能な限り大きいものを使います。底が白いほうが良ければ、水槽の下に白いマット敷きます。

魚も珊瑚もと欲張るなら、
ろ材抜いて、サンプに突っ込める最大対応容量のスキマーを導入します。

好き勝手書いてますので、お気を悪くされるかもしれませんが、通りすがりの戯言とお許しください。

2013年|03月|03日|11:38 |from 通りすがりの名無し| URL

No title

通りすがり様

こんなブログに親切なコメントを残して頂き感謝しておりますm(_ _)m
可能であればお友達登録させていただき、今後もアドバイスを頂きたいです( ;´Д`)

白点自体、私も基本手をかけずに自然治癒で治していきたいと考えています。

やはり換水は少ない量でもこまめにするのが良さそうですね(^ ^)
アドバイスを頂いた内容を参考に先ずは水槽をきちんと機能させるように頑張っていきたいと思います。

濾過層のシステム構築はかなり奥が深そうなので、
自分自身でも調べていきたいと思います。

私自身は、魚&優しいサンゴを飼育していきたいと考えており、濾過層にはろ材を極力多めに入れ、スキマーでこしとる事を考えていたのですが、この辺りも考えていた方向が自分とは違ったので、もう一度自分なりに答えを出したいと思います。

この度は本当に親切なアドバイス誠にありがとうございました。

また見て下さるような事がありましたら、その時は是非お友達にさせてくださいね(^O^)/

2013年|03月|03日|16:33 |from MASA| URL

非公開コメント

トラックバック

http://summersocean.blog86.fc2.com/tb.php/31-9c1490bf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。